Title

Witch's Sabbath by Hans Baldung Grien


witch



【 マヤ・アステカ文明 】

Dresden p15  Dresden p15 (2)

Dresden p26

Dresden p27

(マヤ文明のドレスデン絵文書から)

・・・・・

アステカ文明の国王モクテスマ2世の即位式では、チョコレート の飲料とともに、幻覚性キノコがもてなされました。またアステカの祭司たちの間では、祭りや儀式の際にキノコを摂取する習慣がありました。

これに関してはディエゴ・デュラン、ベルナーディノ・デ・サハグンといった、16世紀スペインのカトリック修道士が証言しています。

サハグンが著した「フロレンティン・コデクス」には、アステカ文明におけるペヨーテ、幻覚性キノコなどの意識拡大物質の使用が記述されています。こうした 民間慣習は異端宗教・呪術と見なされ、16世紀後半から18世紀に至るまで、スペインの征服者による弾圧を受けました。



【 中世ヨーロッパ 】

なぜ魔女狩りが起こったのか。ヨーロッパ伝統の自然宗教、魔女 の正体、そして魔女が使ったとされる薬草の軟膏とは?



【 20世紀初期のアメリカ 】

コカ・阿片・大麻・ペヨーテ、その他の麻薬はいかにして違法化 されたか。文化の価値観、人種差別、プロパガンダ。



【 麻薬取締法と信教の自由 】


Evolution
e-mail
Title Page
inserted by FC2 system